S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンセット]

■バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダーW[サイクロントリガー&サイクロンメタル]■
 
・仮面ライダーW[サイクロントリガー]・
「S.H.フィギュアーツ」第33弾は「仮面ライダーW」より、仮面ライダーW[サイクロントリガー]と
仮面ライダーW[サイクロンメタル]がセットになって登場。(仮面ライダーW[ヒートジョーカー&ヒートトリガー]との同時発売)
 
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーWシリーズ第4弾は
仮面ライダーW基本フォームの派生系とも言われるサイクロン系2フォーム。
一つは「風の記憶」を宿したサイクロンメモリと「銃撃手の記憶」を宿したトリガーメモリで構成された、“サイクロントリガー”。
「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」をベースに、ボディカラーをサイクロントリガー仕様に変更。
胸部及び手足のリングパーツは、以前立体化された各フォームと共通のパーツを使用。
関節パーツはサイクロンジョーカー同様、黒のままです。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカー及びルナトリガーのページを参考にしてください。
 
 
 
・仮面ライダーW[サイクロンメタル]・
派生系サイクロンフォーム残りの一つは「風の記憶」を宿したサイクロンメモリと
「闘士(鋼鉄)の記憶」を宿したメタルメモリで構成された、“サイクロンメタル”。
「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」をベースに、ボディカラーをサイクロンメタル仕様に変更。
胸部及び手足のリングパーツは、以前立体化された各フォームと共通のパーツを使用。
ヒートメタル同様、メタル側背部にはメタルシャフト用のポイントが設けられています。
関節パーツはサイクロンジョーカー同様、黒のままです。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカー及びヒートメタルのページを参考にしてください。
 
 
 
サイクロン系各フォーム比較
サイクロン側のウィンディスタビライザーは全て共通。
サイクロンジョーカーに付属する“風に舞った状態”の物も勿論取り付けられます。
分かりにくいですが、バックルの発光部のカラーリングも、それぞれのフォームに合わせて変えられています。
 

付属品&各ギミック
サイクロン側(2体共通)オプションハンド×5種(握り手×2、シャフト用持ち手、マグナム用持ち手、平手、ポーズ手)
メタル側オプションハンド×3種(握り手、シャフト用持ち手、平手)
トリガー側オプションハンド×3種(握り手、マグナム用持ち手、平手)
メタルシャフト×2種(収納時、展開時)、トリガーマグナム×2種(ノーマルモード、マキシマムモード)
メモリガジェット×3種(スタッグフォン、スパイダーショック、バットショット)
バットショット用オプションパーツ、大型ウィンディスタビライザー
 
 
・スタッグフォン・
同スケールのメモリガジェット(ライブモード)が3体付属。 本商品新規アイテムです。
ギジメモリが差し込まれたライブモード状態。造形/彩色共にかなり細かく作り込まれています。 
 
・スパイダーショック・
分かり難いですが、ワイヤー発射口などもバッチリ。
 
・バットショット・
頭部?パーツの差し替えでスコープの向きを変えられます。
 
 メモリガジェットはそれぞれ付属のトリガーマグナム(マキシマムモードのみ)にセット可能。
ルナトリガーやヒートトリガーに付属するトリガーマグナムには取り付けられません。

付属のメタルシャフトにはメモリガジェットは取り付けられませんが(ヒートメタルのも同様)
仮面ライダーW[ヒートジョーカー&ヒートトリガー]に付属するエフェクト付きメタルシャフトには
メモリガジェット用のジョイントが設けられています。
 
 
劇中OPのワンシーンをイメージした、大型のウィンディスタビライザーパーツが付属。
サイクロン側背部ポイントに取り付け可能(全サイクロンフォーム共通)
大型のパーツなので通常のボールジョイントの他に、襟に取り付ける保持用のフックの2点で固定します。
その為通常のウィンディスタビライザーの様に動かすことはできませんが、安定した状態で保持できます。
流石に重心は後ろに行きますが、ちょっと前屈みになれば自立も問題なく可能です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
単なるカラバリ品ではなく、そこに新規パーツの小物類を追加してくるあたり、流石というか見事というか。
しかものその小物類が妙に魅力的ってのだから余計厄介です(笑)
他のフォームと比べてちょっと地味めなイメージがある派生系サイクロンフォーム2体ですが
そこら辺は山盛りの付属品でしっかりとカバー。
メタルシャフトとトリガーマグナム、2つの武装がまとめて楽しめるというのも魅力的です。
そしてやはり見所は、本商品新規オプションのメモリガジェットと大型ウィンディスタビライザーパーツのプレイバリュー。
本商品に限らず、他フォームがあればある程遊びの幅が広がること間違いなし。
基本3フォームで落ち着こうとしていたハズなのに…。
Comments