S.H.Figuarts 仮面ライダーW[ヒートセット]

■バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダーW[ヒートジョーカー&ヒートトリガー]■
 
・仮面ライダーW[ヒートジョーカー]・
「S.H.フィギュアーツ」第33弾は「仮面ライダーW」より、仮面ライダーW[ヒートジョーカー]と
仮面ライダーW[ヒートトリガー]がセットになって登場。(仮面ライダーW[サイクロントリガー&サイクロンメタル]との同時発売)
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーWシリーズ第5弾は、仮面ライダーW基本フォームの派生系とも言われるヒート系2フォーム。
一つは「熱き(熱の)記憶」を宿したヒートメモリと「切り札の記憶」を宿したジョーカーメモリで構成された、“ヒートジョーカー”。
「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」をベースに、ボディカラーをヒートジョーカー仕様に変更。
胸部及び手足のリングパーツは、以前立体化された各フォームと共通のパーツを使用。
関節パーツはサイクロンジョーカー同様、黒のままです。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカーのページを参考にしてください。
 
 
 
・仮面ライダーW[ヒートトリガー]・
派生系ヒートフォーム残りの一つは「熱き(熱の)記憶」を宿したヒートメモリと
「銃撃手の記憶」を宿したトリガーメモリで構成された、“ヒートトリガー”。
「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」をベースに、ボディカラーをヒートトリガー仕様に変更。
胸部及び手足のリングパーツは、以前立体化された各フォームと共通のパーツを使用。
関節パーツはサイクロンジョーカー同様、黒のままです。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカー及びルナトリガーのページを参考にしてください。
 
 

ヒート系各フォーム比較
分かりにくいですが、バックルの発光部のカラーリングも、それぞれのフォームに合わせて変えられています。
 

付属品&各ギミック
ヒート側(2体共通)オプションハンド×5種(握り手×2、シャフト用持ち手、マグナム用持ち手、平手)
ジョーカー側オプションハンド×3種(握り手、シャフト用持ち手、平手)
トリガー側オプションハンド×3種(握り手、マグナム用持ち手、平手)
ヒート側パンチ炎エフェクト、炎エフェクト付きメタルシャフト、トリガーマグナム×2種(ノーマルモード、マキシマムモード)
 
ヒート側の攻撃時に発生する炎を、クリアのエフェクトパーツで再現。 ハンドパーツとの差し替えで取り付けます。
炎エフェクト付きメタルシャフトには別売りの「仮面ライダーW[サイクロントリガー&サイクロンメタル]」に付属する
メモリガジェットフィギュアを取り付ける事が出来ます(トリガーマグナムは不可能)
 
ボーナスパーツとして、ヒートメタル用の炎エフェクト付きメタルシャフトが付属。
炎部はパンチ用エフェクト同様、クリアパーツで再現。 シャフト側と固定されているので取り外しはできません。
メタルシャフトもメモリガジェット用ポイントやエフェクトパーツ固定用のポイントが新たに設けられている、新規作り起こし品です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インパクトのある活躍が多いヒート系フォーム。 個人的にヒートジョーカーが全9フォームの中で一番のお気に入り。
サイクロンセット同様単なるカラバリ品ではなく、新規造形の炎のエフェクトパーツという付加価値もプラス。
劇中さながらのインパクトのあるポージングが楽しめます。
欲を言えばジョーカーグレネイド用にジョーカー側エフェクトも欲しかったところ。
別売りのヒートメタルに、ボーナスパーツのエフェクト付きメタルシャフトを持たせれば、ポージングの幅も更にアップ。
小物が充実したサイクロンセットに対し、ヒートセットはインパクト勝負?
勿論他フォームがあればある分だけプレイバリューも広がります。
自然に他フォームも揃えたくなってしまう、色々な意味でバンダイの罠が仕掛けられている一品です(笑)
Comments