S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダーW[ルナトリガー]

■バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダーW[ルナトリガー]■
 

「S.H.フィギュアーツ」第31弾は「仮面ライダーW」より、仮面ライダーW[ルナトリガー]が登場。
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーWシリーズ第3弾は、仮面ライダーWの基本フォームの1つである
「幻想の記憶」を宿したルナメモリと「銃撃手の記憶」を宿したトリガーメモリで構成された、“ルナトリガー”。
 
「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」をベースに、ボディカラーをルナトリガー仕様に変更。
左右ともメタリック調の彩色になっており、とても綺麗。 関節パーツはサイクロンジョーカー同様、黒のままです。
胸部及び手足のリングは新規パーツになっており、ルナトリガー時の模様が再現されています。
背部のウィンディスタビライザーやメタルシャフト用のポイントは無し。 ルナトリガー用の背部パーツが使用されています。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカーのページを参考にしてください。
 
 
 
 オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、トリガーマグナム×2種(ノーマルモード、マキシマムモード)
トリガーマグナムはノーマルモードとマキシマムモードの2種類が付属。
全体に細かいモールドがビッシリ入っており、特に銃身上部の立体的なフレーム部の再現度合いが凄いです。
彩色も細部にわたりしっかりと再現されており、手抜きは一切なし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 あっという間にS.H.フィギュアーツで、Wの基本フォームが全部出揃いました。
なんともカラフル。 本体の作りが他のキャラクターと違う為、いい意味で浮いており存在感があります。
今回のルナトリガーはトリガーマグナムの気合の入りっぷりに驚かされました。
このサイズでここまでやられたら、ぐうの音も出ません。 その反面ルナサイドが寂しく感じちゃいますが
そこら辺は今後出るであろうルナセット(ルナジョーカー&ルナメタル)に期待しましょう。

 

Comments