ROBOT魂<SIDE MS> V2アサルトバスターガンダム

■バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士Vガンダム』 LM314V23/24 V2アサルトバスターガンダム■
 
・LM314V21 V2ガンダム・
『ROBOT魂』第35弾は「機動戦士Vガンダム」より“V2アサルトバスターガンダム”が登場(M9D ファルケとの同時発売)
ROBOT魂シリーズに『機動戦士V(ヴィクトリー)ガンダム』が参戦。
第1弾はなんと後期主役メカ「V2ガンダム」の重装形態「V2アサルトバスターガンダム」 初っ端から飛ばしています。
分離・合体ギミックはオミットされていますが、各武装を付け変える事ができ、通常形態から重装形態まで
V2ガンダム全ての形態を再現できます。 そのおかげで付属品は山盛り。
 
ベースとなるノーマル時のV2は、コレに追加武装を取り付けるだけあって、かなりコンパクトな印象。
本機の特徴である、胸から背部ミノフスキードライブにかけてのラインもしっかりと再現されています。
白い部分が多い為かボディの一部にはスミ入れが施されています。 必要最低限ですが。
肝心のフェイス部の造形にはちょっと違和感が。 決して悪いというワケではないのですが
目の形状がイメージと違うのが原因かなでしょうか。 なんというか優しすぎ?
本体はABS・PVC・POMの複合素材で構成。 カラーリングは成型色で再現。一部のみ塗装が施されています。
頭部アンテナは軟質素材製の物の他に、プラ製の物も付属しています。
 
 
 
付属品&各ギミック
オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、ビーム・ライフル、ライフル用マルチプル・ランチャー
ビーム・サーベル、ビーム・シールド、リアクティブアーマー一式、メガ・ビーム・ライフル
メガ・ビーム・ライフル用バレル展開パーツ、メガ・ビーム・シールド
ヴェスバー×1セット、メガ・ビーム・キャノン&スプレー・ビーム・ポッド付きバックパック
バックパック用ミノフスキードライブ下部カバー×1セット
マイクロミサイルポッド一式、シールド発生装置延長パーツ、交換用アンテナ、光の翼エフェクトパーツ×1セット
サーベルのビームエフェクト部(クリアパーツ)とグリップ部は別パーツです。
 
 
 
・LM314V24 V2アサルトガンダム・
両肩、股間、両膝にリアクティブアーマーを装着。
追加武装としてメガ・ビーム・ライフルやヴェスバー、メガ・ビーム・シールドを装備。
通称”アサルトパーツ”を装着したV2ガンダムの防御特化形態。 一気にボリュームが増しました。
 
 
 
・LM314V23 V2バスターガンダム・
メガ・ビーム・キャノンとスプレー・ビーム・ポッドをマウントしたジェネレーター内蔵の大型バックパックを装着。
バックパックに取り付けられたミノフスキードライブ下部カバーも大型化。
腰及び脚部などの各所にはマイクロミサイルポッドを装備。
通称”バスターパーツ”を装着したV2ガンダムの中・長距離砲撃形態。 この装備が一番バランス良く感じます。
 
 
 
・LM314V23/24 V2アサルトバスターガンダム・
アサルトパーツ、バスターパーツを同時に装備したV2ガンダムの重装形態。
劇中同様、本商品でも両パーツは互いの装備箇所に干渉しないよう設計されており
全て装着しても変に干渉することなく、各部自由に動かせます。
バランスも勿論も問題無し。 キッチリと安定した状態で自立してくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミノフスキードライブ下部カバーを開き、光の翼エフェクトパーツを差し込む事で余剰エネルギー排出状態を再現。
 
ビーム・シールドは両腕のビーム・シールド発生装置に取り付け可能。
発生装置を前面に引き出した状態には、専用のパーツと差し替えて再現します。
 
 
 
メガ・ビーム・ライフル装備時には右腕のビーム・シールド発生装置を取り外します。
砲身の展開/収納はそれぞれパーツの差し替えで再現。
どういった意味があるのかは分かりませんが、グリップ横のカバーパーツも開閉します。
 
メガ・ビーム・シールドの装備もメガ・ビーム・ライフル同様、ビーム・シールド発生装置との差し替えで再現。
それぞれの基部、及びアーム中間点の計3点で可動。 バリアビットは固定です。
 
バックパックの装着はミノフスキードライブとヘッドカバーを取り外して行います。
左右のメガ・ビーム・キャノン及びスプレー・ビーム・ポッドが固定されているアームは
基部が上下にスライドし、それぞれの武装の基部も縦に回転するので、ある程度自由に位置を調整できます。
 
ビーム・ライフルのフォアグリップ周辺パーツを交換する事で、マルチプル・ランチャー装備型ビーム・ライフルに。
それぞれフォアグリップも可動するので、精密射撃時の状態も可能です。
 
 
 
 
 
人気の高そうな機体ですが、そのボリュームやギミックの為かなかなか立体化の機会に恵まれなかったV2ガンダム。
そのV2が全武装を引っ提げて、ROBOT魂で立体化。 コレ一つでV2ガンダムからアサルトバスターまで楽しめます。
流石に一部武装のギミックはオミットされていますが、このボリュームで十分満足(眼帯型スコープの省略は残念)
可動面ではこの追加装備に合わせてか、いつもよりも若干変わった構造になっており
微妙に違和感のある動きをする部分もありますが、可動範囲自体は無茶苦茶優秀。良く動きます。
若干雑な部分もありますが、そこら辺は一度手にとってしまえばどこかに吹っ飛びます。
山の様な付属品から劇中を再現するもよし、俺装備を作るもよし。 とにかく遊びたい!という人は是非。
 
Comments