ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士ガンダムUC』 AMS-129 ギラ・ズール

 ■バンダイ ROBOT魂<SIDE MS> 『機動戦士ガンダムUC』 AMS-129 ギラ・ズール■
  
『ROBOT魂』第36弾は「機動戦士ガンダムUC」より“ギラ・ズール”が登場(スタークジェガンとの同時発売)
AMS-119ギラ・ドーガに次ぐネオ・ジオン軍の主力機として開発された、ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の主力量産機。
全体のスタイルはギラ・ドーガに近いものがありますが、各部のデザインはザクに近く
オーソドックスなジオン・スタイルにまとめられています。
本体はお馴染みABS・PVC・POMの複合素材で構成。 本体カラーは成型色で再現。一部のみ塗装が施されています。
印象的な袖を始めとした各部マーキングや、全身のパイプなども細かく再現されています。
 
 
 
 付属品&各ギミック
オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、ビームマシンガン、ビームホーク×2種(収納状態、展開状態)
ハンドグレネード×2、シュツルムファウスト、予備弾倉付き腰部フロントアーマー一式、ウェポンラック
ビームホークのビーム部はクリアパーツで再現。 グリップ部から取り外す事も出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビームマシンガンのグレネードランチャー及び赤外線投光器&暗視スコープ風の追加センサー部は取り外し可能。
 
 
 
腰部フロントアーマー部はパーツの差し替えで予備弾倉を固定した状態を再現。
 
ウェポンラックは腰部リアアーマーのポイントに固定。
ビームホーク、ハンドグレネード×2、シュツルムファウストをそれぞれマウント可能。
 
 
 
 
StG44風のマシンガンやら、腰に取り付けるとまんまスコップのビームホークやら、予備弾倉の位置やらなんやら…。
これがヒトラーの尻尾!? 色々好き勝手やっていて思わずニヤリとさせられます。
特に腰にマウントすると、スコップの様に見えるビームホークがお気に入り。
発売前のサンプル品などでは、ビームホークのビーム部がクリアパーツではなく
もっさりとした塗装で再現されていたのでかなり不安でしたが
製品版ではクリアパーツに変更されており一安心。 ビームパーツが取り外せるのも○。
量産機ならではの豊富なオプション品も魅力的です。武装の有無で印象も大分変わるので、色々な楽しみ方が出来ます。
今後は親衛隊専用機をはじめ、ゼー・ズールやローゼン・ズールといったバリエーション機の立体化を期待したいですね。
 
Comments