リボルテック EVA2号機 獣化第2形態【ザ・ビースト】

 ■海洋堂 REVOLTECH[リボルテック] No.090 エヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態【ザ・ビースト】[新劇場版:破 エディション]■
 
 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より、裏コードによって発動された
エヴァンゲリオン2号機の獣化第2形態“ザ・ビースト”がリボルテックで登場。
通常時の2号機は既に立体化されていますが、獣化第2形態化に伴い
まったく異なるスタイルになったザ・ビーストを完全新規造形で再現。
強制排除されたリミッターや、拘束具が外され素体部が露出したボディ、醜悪な姿に変貌した頭部など
劇中のインパクトそのままに立体化されています。 細部まで施された彩色も○
ちなみに、アクション時(四つん這い)のスタイルを優先した為か、足はつま先立ちになっており自立は相当難しく
ディスプレイ時には付属のスタンドが必須となります。
そういえば本商品に使われている6mmのリボルバージョイントはいつものと違っています。
構造的に8mmや10mmのジョイントに近い物になっており、パーツの安定感やクリックの強度が増している様に思います。
 
ジョイント使用箇所 
首:二重(6mmジョイント&8mmジョイント)、顎:リストジョイント、胸:8mmジョイント
腰:8mmジョイント、背部リミッター基部(2箇所):4mmジョイント
肩:2連8mmジョイント、肘:6mmジョイント、手首:リストジョイント
 股:モノシャフトドライブ、膝2連8mmジョイント、足首:6mmジョイント
 
 
 
付属品&各ギミック
オプションハンド×1種(平手)、切り裂きエフェクト×2(左右)、腕用血飛沫エフェクト、頭部用血飛沫エフェクト
噛み千切り用ATフィールドエフェクト、エフェクト型ベース、サンダースピア(初回出荷特典)
ディスプレイベース&ベース延長パーツ(画像省略)
以上の他にリボルテックシリーズ共通付属品として、リボコンテナとリボチップ10ポイント(画像省略)が付属します。
 
 
顎はリストジョイントにより、開閉。 内部には舌が。
 
腕用血飛沫エフェクトは8mmジョイントで固定。腕との差し替えでダメージ状態を再現できます。
勿論腕だけではなく、リボルバージョイント使用箇所ならどこにでも取り付け可能。
2号機に限らず、その他リボルテックにも大ダメージを与えられます。
 
頭部用血飛沫エフェクトは頭部に固定。 位置は固定です。
ATフィールドを噛み千切った状態を再現できるエフェクトパーツも付属。 上顎に固定します。
 
切り裂きエフェクトは親指以外の指をエフェクトパーツ側に差し込んで固定。
地面の衝撃をイメージしたエフェクト型ベースも付属。
 
初回出荷分には特典として、通常版2号機に付属しなかった武装「サンダースピア」が同梱されています。
劇中同様、先端部銃剣の折り畳み及び、ストック部のスライドが可能。 このギミックを再現したのは本商品が初?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リボルテックのEVAシリーズお馴染みのツヤテカ塗装が
ザ・ビーストに生々しく不気味な印象をプラスしていて、とても効果的に感じます。
武装たっぷりの通常版に対して、基本生身の獣化第2形態 という事で大量のエフェクトパーツで付属品面をフォロー。
元々インパクトのあるザ・ビーストのアクションに
エフェクトパーツが更なるインパクトをプラスしてくれて、ポージングの幅も広がります。
新しく採用された、新6mmジョイントもなかなか。
クリックの保持具合はどれもバラつきが無く、以前の様な個体差は見られませんでした。
更にジョイント自体の安定性も上がっており、横方向へ力を加えてもパーツに不具合が出る事は無く
弄りやすさも向上している様です(以前のは捻るとパーツがグラついたりしました)
6mmジョイントはリボルテックシリーズのウィークポイントでもあったので
今回の改良は今後のシリーズ全体のクオリティ向上に大きく影響するはずです。 多分。
 
Comments