みんなのアドベント 仮面ライダー -平成ライダー編-

■バンダイ みんなのアドベント 仮面ライダー -平成ライダー編-■
 
・ネタバレ注意・
本商品は“開封作業”自体が楽しみの一つとなっています。
このページではどこの枠に何が入っているか、全て載せています。
未開封の方や、少しでも興味のある方はご覧にならない事をお勧めします。
 
 
 
 
 
 
10個の玩具をカウントしながら開けていく新感覚シリーズ「みんなのアドベント」
「アドベント」とは、キリスト教でイエス・キリストの降誕を待ち望むクリスマスまでの4週間のことで、
海外ではこの期間に毎日一つずつ、日付が書かれた箱の窓を開けていく「アドベント・カレンダー」を楽しむ風習があります。
 
「みんなのアドベント」は、その風習を玩具でアレンジしたもので、記念日までの10日間を心待ちにしながら
10 個の窓を開けていく楽しみを味わえます。記念日までのカウントダウンは勿論
パーティの余興や自分へのご褒美などシチュエーションに応じて楽しむことができます。
それぞれ、ミニフィギュア、ステッカー、マグネット、ピンズなどキャラクターの世界観が楽しめる
バラエティ豊かで、他では入手できないレアな10個のアイテムが入っています。
第一弾は「機動戦士ガンダム 一年戦争編」と「仮面ライダー 平成ライダー編」の2種類同時発売。
 
 
ウィンドウタイプのパッケージカバーを開くと、内側には1~10の数字が振られた小窓が。
それぞれの小窓を突き破る形で開くと、中のアイテムを取り出せます。 日本人的には駄菓子屋のアレでお馴染みですね。
小窓の裏には平成ライダーとそれに関係するセリフが。
枠の番号とそこに配置されているライダーの放送順などは関係無いようです。
内部のアイテムは「みんなのアドベント」のロゴが入った黒いビニールで梱包されています。
 
 
 
 
 

-1の枠「仮面ライダークウガ」-
「仮面ライダーW ヘッドフィギュア(全3種):ヒートメタル」
サイクロンジョーカー/ヒートメタル/ルナトリガーのいずれか1つ。
「仮面ライダーW」の顔の形をしたヘッドフィギュア。
Cアイ部はクリアパーツで再現。内部のパターンもしっかりと作り込まれています。
ボールチェーンが取り付けられており、小物としてぶら下げる事が出来ます。
 
 

-2の枠「仮面ライダーアギト」-
「マグネット:仮面ライダー響鬼 音撃鼓・火炎鼓」
「仮面ライダー響鬼」が使用する太鼓をモチーフにしたマグネット。全長約28mm。
マグネットが内蔵されており、金属部に貼りつける事が出来ます。
 
 

-3の枠「仮面ライダーブレイド」-
「ミニフィギュア:デンライナーコーヒー」
「仮面ライダー電王」のデンライナーの食堂車で飲めるコーヒーのミニフィギュア。
コーヒーはモモタロス仕様。 全高約30mm。
皿部は本体と固定されており、取り外せません。
 
 

-4の枠「仮面ライダーファイズ」-
「ピンズ:大ショッカーマーク」
大ショッカーマークをピンズ化。全長32mm、幅35mm。
 
 

-5の枠「仮面ライダー龍騎」-
「なりきりアイテム(全3種):紅渡変身シール」
紅渡変身/キバのマーク/ファンガイアの女王の紋章シールのいずれか1つ。
「仮面ライダーキバ」の世界観を再現できるシール。 全長40mm、幅40mm。
模様が小さすぎ&少なすぎて、なんとも微妙。
 
 

-6の枠「仮面ライダー響鬼」-
「ステッカー×5種」
「仮面ライダーディケイド」の劇中において、光写真館のスタジオに出現した世界幕をステッカー化。全長55mm、幅38mm。
光写真館の背景ロールより、アギト/龍騎/ファイズ/ブレイド/カブトの世界。
ガンダム同様、やはり小さいのがネックですね。 ただ数が多いのでその分の満足度は高め?
 
 

-7の枠「仮面ライダーカブト」-
 「ピースメーカーフィギュア:仮面ライダークウガ アルティメットフォーム」
1970 年代に特撮ヒーローや、ロボットアニメーションのラインナップで商品化された
懐かしのダイキャスト製フィギュア「ピースメーカー」シリーズが復活。全高約60mm。
レア版としてゴールドカラーの物もあるそうです。 ずっしりとした重量感とヒンヤリとした質感が素敵。
 
 

-8の枠「仮面ライダー電王」-
「チェーン付ミニフィギュア:アカネタカ」
「仮面ライダー響鬼」から人気のディスクアニマルのミニチュア版。
ポーズ完全固定。 全長約35mm。
金属製の固定具が付いているので、小物としてぶら下げる事が出来ます。
 
 

-9の枠「仮面ライダーキバ」-
「台詞ストラップ(全3種):ディケイド1」
仮面ライダーディケイド2種、仮面ライダークウガ1種のいずれか1つ。
「仮面ライダーディケイド」の名台詞が入ったストラップ。ラバー製でセリフやロゴなどが浮き出ています。
「通りすがりの仮面ライダーだ!」、「ちょっとくすぐったいぞ」(仮面ライダーディケイド)
「あねさん・・・」(仮面ライダークウガ)の3種。全長70mm、幅15mm。
 
 

-10の枠「仮面ライダーディケイド&仮面ライダーダブル」
「micro S.H.Figuarts(全2種):仮面ライダーディケイド」
仮面ライダーディケイド/仮面ライダーディケイドコンプリートフォームのいずれか1つ。
「S.H.Figuarts」のミニチュア版。 パッケージまで付いています。勿論パッケージもmicro S.H.Figuarts仕様。
 
 自立補助用に専用のスタンド?が付属しています(ガチャポンなどでお馴染みの)
本体はポーズ完全固定の無可動タイプ。 全高約65mm。
造形面は勿論、彩色も細かい部分までしっかりと再現されています。
顔の造形はネタ元のS.H.Figuarts版よりも良い仕上がり。 凄いというか、切ないというか。
サイズがサイズなので彩色は大分ムラがありますが、同シリーズのガンダムと比べると結構アリ?
 
 
 
 
 
 
BOXをどう開けるかは貴方次第。 記念日にOPEN、豪快にOPEN、ご褒美にOPEN、自由に開けて飾って楽しもう。
兎にも角にもこの商品コンセプトにやられました。 もうそれだけで大満足。
小さい頃駄菓子屋で「いつかアレを箱ごと…」と憧れの眼差しで見ていたアレが
これまた大好物のガンダム&仮面ライダーと合体。

一つ一つ小窓を開け、中から玩具を取り出す。 そんなワクワク感がたまらなく懐かしく、楽しいです。
一部アイテムは単価の高いアイテムのしわ寄せが露骨に寄っていたりして
単体でみると「コレを一つに数えちゃうの?」ってのもありましたが
開けてそんなのが出ると見事な「ハズレ」感を感じれて、逆に楽しかったり。 勿論大物が出れば素で喜んでしまいます。
ただ内部に収まっているアイテムが事前にある程度分かってしまっているので
「いいのが出ますように」というドキドキ感は少なめ。
だからといって事前情報一切なしの状態でリリースしろってのは…メーカー側、消費者側共に相当無理がありますね(汗)
 
Comments