MAXファクトリー MAX合金 マジンカイザー

■MAXファクトリー MAX合金 マジンカイザー■
 
マックスファクトリーの合金シリーズ「MAX合金」 第二弾は『マジンカイザー』
圧倒的な力で機械獣を蹂躙したマジンカイザーの力強いフォルムはそのままに
ダイキャスト素材を活かした重量感を取り入れた、全身フル可動を実現した合金アクションフィギュア。

本商品の立体化用コンセプトデザインは、「強殖装甲ガイバー」や「冥王計画ゼオライマー」などでお馴染みの
漫画家:高屋良樹氏によってデザインリファインが加えられています。
全身のボリュームは残しつつ、各部メリハリの付いたシャープなスタイルに。
どことなくガイバーギガンテックっぽい? 脚部ライン&モールドがお気に入り。

立体化に伴い、まずは“素立ちがかっこよくキマる”を第一に、フィギュア的アプローチで原型が製作されたとのことで
とにかく素立ちがキマっています。 堂々とした立ちポーズが無茶苦茶カッチョイイ。
勿論可動面にも力が入っており、原型のプロポーションを一切壊さないことを最重要ポイントに置き
多重関節の採用や、引き出し式関節によるスタイルの維持と可動範囲の拡大など、様々な拘りが詰め込まれています。
各部彩色も量産品でこの仕上がり! 太腿にはメッキ処理が加えられています。
胸部プレート中央部モニター?はクリアパーツで再現。 「Z」モードを表すZの文字がプリントされています。
頭部や腕などの一部を除き、ボディにはダイキャストパーツを使用。 これぞ名前に偽りなしの、合金トイです。
サイズはバンダイの超合金魂のマジンガーZに合わせたものになっており、一緒に並ばせて飾る事も可能。
(むしろ製作総指揮のMAX渡辺氏が推奨しています)
 

付属品&各ギミック
付属品一覧
オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、カイザーパイルダー×2種(飛行状態、ドッキング状態)
ファイヤーブラスター×3種(コアパーツ脱着式・アニメ版、可動式・アニメ版、可動式・ゲーム版)
ターボスマッシャーパンチ用前腕&上腕×2セット、ギガントミサイル、カイザースクランダー
カイザーブレイド、ショルダースライサー(アニメ版)×2、ショルダースライサー(ゲーム版)×2
台座パーツ一式、手袋(画像省略)

付属品及び本体は全て付属の専用台座に取り付け、ディスプレイする事が可能です。
超合金魂シリーズを彷彿とさせる台座&パーツ配置になっていますね。
カイザースクランダーは台座部に直接単体で取り付けることも出来ますし、本体に装着したままでもディスプレイ可能です。
 
 
本体頭部のカイザーパイルダーは取り外し可能。
取り外した頭部内側にはこれといったディティールは無く、それだけ見るとなんとも安っぽい感じに。
取り外した状態でのディスプレイは特別考えられてない様です。
 
本体ドッキング用の他に、飛行状態のカイザーパイルダーも付属しています。
変形ギミックなどは無し。 この状態固定です。
プラ製で背部ノズルなども非常に細かく作り込まれています。
 
胸部ファイヤーブラスター用プレートは3種類付属。
左から、コアパーツ脱着式・アニメ版、可動式・アニメ版、可動式・ゲーム版
 
 可動式は左右のプレートが上下にスイングする為、腕の可動に干渉しません。
 
 コアパーツ脱着式プレートは中央のコアパーツが取り外せます(プレート部は固定)
カイザーブレイド使用時に取り外します。
 
肩部アーマー内側にはアニメ版ショルダースライサーのグリップを収納可能。
右肩は問題無いのですが、左側のは基部で全く固定されず、ポロポロ落ちてしまいます。 ハズレ引いちゃったかな。 
 
 上腕から先のパーツを丸ごと専用のパーツと差し替える事で
ターボスマッシャーパンチを内蔵のスプリングで飛ばす事が出来ます。
超合金魂シリーズでお馴染みのアレですね。
 
手持ち武器としてカイザーブレイドの他、アニメ版とゲーム版それぞれのショルダースライサー付属。
手に持たせる場合は柄を一度取り外し、持ち手に差し込んでから再度柄パーツを取り付ける形で固定します。
ちょっと手間はかかりますが、しっかりと保持してくれるのでストレスなく弄れます。
 
特にギミックはありませんがギガントミサイルも付属。 オマケその2
 
カイザースクランダーは本体背部にピンを差し込んで固定。
見ての通りの超大型パーツですが、プラ製なのでヘタる心配などは無し。
ただどこも物凄くシャープに仕上がっているので、弄る場合は付属の手袋必須です。
カイザースクランダー自体には特別ギミックなどはありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足首部関節はジョイントを引き出して可動範囲を広げられますが、気持ち程度なので大股開きには対応できません。
 
 
 
 肘の関節を引き出せば両手持ちも楽々。
 
 
 
 
 
 
 再販での購入となりましたが、今見てもこの造形には目を見張るものがあります。
特にそのポーズを最も意識した作りになっているだけあって、堂々とした素立ちのフォルムには惚れ惚れさせられます。
彩色のクオリティも素晴らしく、艶のあるカラーリングと金属の質感が相まって
商品本来のサイズ以上の迫力を感じられます。
可動に関しては、合金トイでも通常のアクションフィギュア以上に良く動く物が多く出ている今現在見てみると
ちょっと物足りない部分が出てきますが(特に膝や足首)、初版発売当時の事を考えると
合金トイに引き出し関節の多用は脅威であり
当時の超合金魂シリーズと比べてもその可動はズバ抜けた存在だったはずです。
付属品の充実も魅力の一つ。 アニメ版、ゲーム版両方ともフォローされており、どっちのファンでもOK
そういった基本的な物はしっかりと押さえつつ、ちょっと使い所に悩むオマケ(の様な物)まで付属しているのだから
たまんないですね。 合金トイの本家にも決して引けを取る事の無い、素晴らしい一品です。
Comments