MANGA REALIZATION 『バオー来訪者』 バオー

 ・バンダイ MANGA REALIZATION 『バオー来訪者』 バオー・
 
『S.I.C.』より派生したハイクオリティフィギュアシリーズ、『MOVIE RIALIZATION』に次ぐ新カテゴリー。
古今東西の「マンガ」キャラクターを題材に、著名造形作家の新解釈を加えたアレンジが、 オリジナルデザインの持つ魅力に
新たな個性を付加し具現化していくシリーズ。 それが『MANGA REALIZATION』

原作:荒木飛呂彦氏と造形監修:竹谷隆之氏(造形:藤岡ユキオ)の夢のコラボレーションが実現。
MANGA RELIZATIONシリーズ第2弾は「バオー来訪者」より、主人公:橋沢育朗が変身する生物兵器「バオー」が登場。
バルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバル

本商品は上半身を差し替えることで、アクションフィギュア、ディスプレイフィギュアの2形態が楽しめる、コンパチ仕様。
アクションタイプ/ディスプレイタイプ共通の上半身パーツは可動式になっており
ディスプレイタイプでも上半身のポーズを変えて楽しむことも可能です。
ディスプレイタイプの下半身は完全固定。 マンドリルのマーチンの頭にバオーの両足が固定されています。
とにかくマーチンのインパクトが半端ありません。 造形、彩色共に気合入りまくり。
特に口の中なんかは、メインのバオーそっちのけで見惚れてしまいます。
クリアパーツの上から彩色が施されているので、血しぶきは勿論、目や舌などの生々しい質感が感じられます。

 
可動タイプの下半身に上半身を取り付ける事で、フルアクションフィギュアへ。
可動関節が組み込まれている場合大体はジョイントが目立ってしまい、各部のラインを崩してしまうのですが
本商品では極力関節部の露出を抑え、綺麗なラインを出せるように配慮されています。
特に膝は正面から見ると、太腿から脹脛まで違和感なく繋がって見えます(後ろからだと丸見えですが)
関節の処理は良いのですが、可動自体は必要最低限といった感じでかなり物足りない部分も。
リスキニハーデン・セイバー・フェノメノン(前腕部角)は突出状態で固定。
左側のみ、ギミックの関係で取り外せますが、固定用の穴が空いたままなので、収納状態にはできません。
頭部やリスキニハーデン・セイバー・フェノメノン部などがクリアパーツで再現。 
腰部チェーンは金属製となっています(可動タイプ下半身のみ)
ただ取り付けられている部分が、なぜか無塗装の成型色部なので、周りの衣装から相当浮いてしまっています。
 
 
付属品&各ギミック
 オプションハンド×5種(握り手、平手、手刀、血しぶき付き左手刀、メルテッディン・パルム・フェノメノン用右手)
オプションヘッド×2種、血しぶき付きリスキニハーデン・セイバー・フェノメノン、可動タイプ下半身

 ヘッドパーツの差し替えで、2タイプの表情を再現可能。
 左腕のリスキニハーデン・セイバー・フェノメノンは、パーツの差し替えで血しぶきが付着しているものに。
 血しぶき付きリスキニハーデン・セイバー・フェノメノンに合わせて、血しぶき付き手刀パーツも付属。
強酸をクリアパーツで再現したメルテッディン・パルム・フェノメノン用右手も付属しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一部パーツの差し替えで、アクションフィギュアとディスプレイフィギュアの2タイプまとめて堪能できます。
ディスプレイタイプの造形クオリティは「凄い」の一言。
アレンジも個人的にはイメージ通りで、台座を含め綺麗にまとまっている様に思います。

ただアクションフィギュアとしてはイマイチ。特に腕と脚の可動は必要最低限といった感じで、ポーズも大分限定されます。
台座に入りまくっていた気合を、アクション面にももう少し注いでもらいたかったところです。
バオー好きや、この造形にキュンと来た人には文句無しにお勧めの一品ですが
可動フィギュアを堪能したいという人はちょっと物体ないかもしれません。

兎にも角にも、マンガキャラクターにスポットを当てたシリーズという事で、今後の展開に大きく期待。
普段立体化の機会の無い様々なキャラクターにチャレンジしてもらいたいですね。
 
Comments