聖闘士聖衣神話 ポラリスヒルダ

 ■バンダイ 聖闘士聖衣神話 ポラリスヒルダ■
 
09年10月30日~09年12月11日の期間、魂ウェブ商店にて販売された受注生産品。
主神オーディーンの地上代行者「ポラリスのヒルダ」が聖闘士聖衣神話シリーズで立体化。
パッケージや説明書なども聖闘士聖衣神話のフォーマットで、オール新規で作り起こされています。
 
 
 
聖闘士聖衣神話シリーズ、女性キャラの立体化はパンドラ、城戸沙織と続き3人目。
主神オーディーンの地上代行者“ポラリスのヒルダ”
女性型可動素体は「聖闘士聖衣神話 城戸沙織」と共通の物を使用。 相変わらずの巨乳っぷり。
パンドラ、城戸沙織などと同様、アンダーウェアなどといったものは無く、素っ裸の状態から衣装を装着させます。
各衣装は実際の布を縫製し、再現。 ウエストのラインを出すために
装着時は素体を一度上半身と下半身を分離させる必要があります。

顔は前回の城戸沙織などと比べると、正直微妙な仕上がり。 ちょっとぷっくりとした輪郭が原因でしょうか。
ちなみに本商品にはパンドラや城戸沙織に付属した自立補助用のスタンドが付属していません。
城戸沙織よりはバランスは良く、自立もさせやすいのですが、それで通常の男キャラと比べると
安定性はすこぶる悪く長時間のディスプレイはスタンドが必須となります。
シリーズお馴染みとなっている、別売りのスタンドに使用できるネームシールも
今回は付属していなく、なんとも不思議な仕様に。 まあその為の王座(付属品)なのかもしれませんが。
 
 
 
付属品&各ギミック
オプションパーツ一覧(交換用衣装や王座は除く)
オプションハンド×5種(握り手、平手×2種、持ち手、刀身部右持ち手)
ニーベルンゲン・リング付き左オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)
オプションフェイス(未洗脳時)、冠未装着状態時前髪、王座着席時後ろ髪、バルムングの剣
肩アーマー×1セット、未洗脳時衣装用首あて、未洗脳時衣装用アクセサリー
 
 
ニーベルンゲン・リングをはめられる前の通常時の衣装が付属。
ニーベルンゲン・リング無しの左手、通常時フェイスなどと組み合わせて使用します。
通常時フェイスは洗脳時フェイスよりも優しい表情になっているのですが
洗脳時フェイス同様やっぱり輪郭が丸めになっているので、優しい表情と相まって余計丸顔な印象に。
これを見た後だと洗脳時フェイスが大分良く見える不思議。
アクセサリーのチェーンは金属製。 自由に動くので形状も好きに変えられ、可動にも干渉しません。
 
 
・ヒルダの玉座・
これで全勢力の王座が聖闘士聖衣神話で立体化された事に。 限定品など合わせて6脚目でしょうか?
構造は「ジェミニ サガ<教皇アーレス>」に付属した物とほぼ一緒。
クッション部を除き基本は真っ白ですが、グラデーション塗装が施されているので
のっぺりした感じも無く、ド派手な他の勢力の王座と並べても違和感ありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前髪パーツの交換で、冠(?)装着の有無を再現。 未洗脳時のフェイスパーツも付属しています。
 
 
後ろ髪は王座用に、座った状態の形状になっているものが付属しています。
城戸沙織では椅子に隙間がありましたが、こういった処理の方が自然ですね。
 
 
 
 
 
ヒルダの槍及びバルムングの剣はオールプラ製。
 
 
マントの下には肩アーマーが。 マントは肩アーマーの上から装着できますが
しかしそのまま着せると、アタリが不自然に出てしまうように思えたので、マントを着せる場合は肩アーマーを外しています。
バルムングの剣も付属。 オーディーン星矢に付属するものとは違う、本商品新規作り起こしのものです。
 
 

 

 
 
 
 相変わらず衣装のクオリティは高く、聖闘士聖衣神話の歴史を感じさせられます。
ただ顔の造形や付属品の面など見ると、前回の城戸沙織から微妙にパワーダウンしているような部分も。
それ以外の部分が良かっただけに余計残念に感じます。

そんなこんなで聖闘士聖衣神話 神闘士シリーズ、めでたく完結?
全神闘士とそれを統治するヒルダ、さらにオーディーン星矢まで立体化されました。
3rd素体の採用からスタートした比較的新しいシリーズなので、第1弾のジークフリート(3年前)を見てもそのクオリティは歴然。
今見ても惚れ惚れする様な仕上がりになっています。
丁度このジークフリート辺りから次のステップに移った様な印象があります。
造形面だけではなく、ギミックや付属品も凝っていて常に楽しまさせてもらいました。
ポセイドン編に続きまた一区切りついた神闘士シリーズ。
やっと落ち着くかと思ったら今度は白銀聖闘士にスポットが。さてさて、どこまでいくのでしょうか。
 
Comments