figma 『うる星やつら』 ラム

■MAXファクトリー figma 『うる星やつら』 ラム■
 
漫画『うる星やつら』より、メインヒロインの鬼型宇宙人の娘「ラム」がfigmaで立体化。
コスチュームはお馴染みの虎縞模様のビキニ姿。 胴体から脚部にかけての曲線美がポイント。
髪の毛カラーリングはアニメ版 フェイス部の造形は原作版といった感じでしょうか?
トップス及びブーツ部は塗装で、パンツ部は軟質素材の別パーツで再現されています(パンツの下は関節パーツ)
印象的な虎縞模様はタンポ印刷で再現されており、ムラ無く綺麗に仕上がっています。
少し尖った耳や小さな角などもしっかりと再現。横髪部は軟質素材になっており、首の可動に干渉しない様配慮されています。
髪の造形は劇中のイメージ通りの仕上がりですが、そのまま立体化するとどうしてもモッサリ感が出てしまう為
単色ではなく、グラデーションなりで塗り分けてもらいたかったところ。
 
 

オプションハンド×6種(握り手、平手×2種、持ち手、指指し手、電撃用平手)
オプションフェイス×3、電撃エフェクトパーツ、テン、テン用支柱パーツ一式
その他、↑画像にはありませんがお馴染みのfigma専用台座や
ハンドパーツ用ラック、チャック付き小物入れなども付属しています。
 
ラムの従弟である鬼族の幼児。 付属品として、同スケールのジャリテンフィギュアが付属しています。
ポーズ固定ですが、細かい部分までしっかりと再現。 無表情なのが残念。
ディスプレイベース固定用のポイントが腹部に空いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラムと一緒にディスプレイ出来る様、テン用に特製の支柱パーツが付属。
台座のアームに挟み込む形で固定。 両端がそれぞれ可動するので、ある程度自由に角度を変えられます。
 
フェイスパーツの差し替えで3つの表情を再現。
 
 
 
劇中再現に欠かせない電撃エフェクトパーツも付属。
手首部に固定して使用する為、可動関節がオミットされた専用の平手パーツも付属しています。
 
 
 
 
イメージ通りとても可愛く仕上がっていて、納得の一品。
表情豊かなフェイスパーツや電撃エフェクトなどで、動かしても勿論楽しい。
特に今回はfigmaシリーズの標準付属品である台座が大活躍。 超重宝します。
ジャリテンも付属しているので、ポージングの幅も更に広がっています。

ただ可動に関してはボディラインを優先したた為か、胸や腰などはあまり動きません。
後ろ髪も1パーツなので首を大きく上げられない、などといった点も。
とっても通常のポージング自体にはあまり影響は無く、普通に弄る分には問題ない位かと。

今後のラインナップが気になるところですが、最低でも?制服版ラムや諸星あたる位は出してもらいたいですね。
特にあたるは、女性キャラの多いfigmaシリーズでは作品の枠を超えて大活躍間違いなし? 是が非でもお願いします。
Comments