ES合金 鋼鉄ジーグ&パーンサロイド

■ART STORM ES合金 02 鋼鉄ジーグ&パーンサロイド■
 
-鋼鉄ジーグ-
アート・ストームの新たな合金シリーズ『ES合金』
“Excellent Short Style”をコンセプトに、ディフォルメされたフォルムに各種可動を盛り込んだ、遊んで飾って楽しめるシリーズ。
第1弾は「ゴーショーグン」と「鋼鉄ジーグ&パーンサロイド」の2体が同時リリーズ。
 
アニメ『鋼鉄ジーグ』より、主役ロボ「鋼鉄ジーグ」とサポートメカ「パーンサロイド」がセットになって登場。
各種可動に加え、パーツの差し替えによりさまざまな付属武器との換装が可能。
勿論、「パーンサロイド」とのケンタウロス形態への合体も可能。
ディフォルメ化されたフォルムはスパロボなどでお馴染みですが、各部のアレンジは本商品オリジナルです。
ボディにはダイキャストパーツを多用。 目はクリアパーツで再現されています。
関節パーツなどを除き、各部カラーリングは全塗装で再現。 全長:約100mm SDXなどと、ほぼ同じサイズです。
サイズがサイズなので仕方ありませんが、背部のビス穴がちょっと目立ってしまっています。 
 
 
 頭部、胸、腰、腕、足とそれぞれのパーツは取り外し可能。
 
 
-パーンサロイド-
馬型の支援メカ「パーンサロイド」も鋼鉄ジーグと同スタイルで立体化。
ジーグ同様ボディの一部にはダイキャストパーツを使用。 勿論全身可動タイプなので、ジーグと一緒に楽しめます。
 
 
 -ジーグ・パーンサロイド-
パーンサロイドと合体した、鋼鉄ジーグのケンタウロス形態。
パーンサロイドの首を取り外し、鋼鉄ジーグの股から上のパーツを合体。
固定用にマグネットが内蔵されているので、ここだけマグネモ風の雰囲気を味わえる…はず。
 
 
 
付属品&各ギミック
 オプションハンド×3種(握り手、平手、持ち手)、ジーグバズーカ、ジーグランサー×2
マッハドリル×2、ジーグバックラー×2、ディスプレイスタンド(画像は下で)
残念ながらナックルボンバー用の組み手は付属していません。
 
 
 ES合金シリーズ共通のディスプレイスタンドが付属。 支柱を本体背部に取り付け、自立の補助をしてくれます。
支柱延長パーツを取り付ければ、ジーグ・パーンサロイド時にも使用可能です。
支柱部は計4ポイントで可動。 様々なポーズに対応。 支柱中央部は伸縮するので、長さを調整することも可能です。
連結ジョイントを使用する事で、同様のディスプレイスタンド同士と連結可能。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
股から下の可動はかなり特殊。 股と膝のロール関節を組み合わせて足の角度を調整します。
 
 
ジーグバズーカ、マッハドリル、ジーグバックラーなどの各武装は、肘から下のパーツと差し替えで装着。
それぞれの基部はボールジョイントで接続されているので、ある程度角度も変えられます。
 
 
 
 
ジーグランサーを持ち手に持たせる場合は、一度石突部を取り外してから柄を握らせます。
持ち手と柄のサイズが若干合っていない為、キツキツで最初は苦労しました。
一度持たせてしまえば柄に合わせて持ち手が広がるので、二回目からは特に問題ありませんでした。
 
 
 
 
 
流石EX合金でお馴染みのアートストーム、ディフォルメキャラにもダイキャストパーツが山盛り。
全塗装によるカラーリングの再現なども相まって、とても豪華な仕上がりに。
鋼鉄ジーグの特徴であるオプションパーツも豊富に付属しているので、プレイバリューも高く、弄り甲斐があります。
ネックなのは下半身の可動が若干特殊な為、弄るのに多少不便と感じること位でしょうか。まあそこら辺は慣れで。
ディフォルメ化されたデザインや値段の面で、本シリーズはある程度人を選ぶかもしれませんが
少しでも“ピクッ”と来た方は、一度手にとってみられる事をお勧めします。

今後ダンクーガやバイカンフーなどのリリースが予定されているハズなのですが、今現在音沙汰なし。
両方ともギミック山盛りで発表当初からワクワクが止まらないでいるのですが…
どんだけ延期してくれても構わないので、中止だけはどうかご勘弁を。
 
Comments