超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 15. 東方仗助

■メディコス・エンタテインメント 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 15. 東方仗助■
 
『超像可動』第15弾は漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第四部.ダイヤモンドは砕けない」より、主人公“東方仗助”が登場。
今回も配色は原作者・荒木飛呂彦氏の監修入り。 紺の学ランにジッパー付きの黄色シャツ。
革靴はご自慢のバリーの靴でしょうか? 印象的な胸のアクセサリーなどもしっかりと再現されています。
長ラン&ボンタン仕様の学ランはお馴染みのシャドーが吹かれており、細かいシワ造形と相まって質感も○
長ランの丈(腰から下)パーツには軟質素材を採用し、ボタンを閉めた状態で固定しつつ
可動時に極力干渉しない様配慮されています。 思った以上に自然な仕上がりで、フォルムも綺麗です。
ボンタンの裾部はダボ付いた状態を維持しつつ、足首の可動を広げる為
脚パーツとは別に足首部ジョイントの上から、裾状のカバーパーツが取り付けられています。
 
 

付属品&各ギミック 
オプションハンド×9種(握り手、右持ち手、右持ち手2、右指差し手、右平手、左持ち手、左指差し手、左平手、左平手2)
オプションヘッド、交換用丈パーツ、アクセサリー×2種、カバン、双眼鏡
画像にはありませんがお馴染みの台座も付属しています。
オプションハンドは握り手以外、全て別々の表情(非対称)になっています。
 
頭部は差し替えで2タイプの表情を再現。
フェイス部は勿論、髪型の造形も素晴らしい。
 
 長ランの丈部(腰から下)はパーツの差し替えで、裾を広げられます。 両方とも軟質素材製です。
股関節の可動範囲の向上は勿論、衣装も自然な状態でいられます。
 
胸や手首に取り付けられるアクセサリーパーツも付属。 それぞれ好みに合わせて付け変えられます。
胸のピースマーク及びハートマークのアクセサリーは最初から固定されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特徴的な“サザエさんみてェー”な髪型が、細かい模様入りで見事再現されています。
フェイス部造形ももはやお手の物。安心のクオリティです。
欲を言えばオプションヘッドはもう一種類、笑顔フェイスなどがあれば言うこと無しでした。
ジョジョの中でも特に表情豊かなキャラであり、それが仗助の魅力だと思うので
そこら辺をもう一声頑張ってもらいたかったですね。
もう一つの特徴である長ラン&ボンタンは、アクションフィギュアの衣装として鬼門の様な組み合わせですが
カバーパーツや軟質素材を使用して、可動とスタイルが綺麗にまとまっています。 特に裾のダボつき具合なんか見事。
第四部はスタートしたばかり。 早く億泰や康一なんかと並ばせてやりたいですね。
Comments