超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 14. ザ・ワールド・セカンド

■メディコス・エンタテインメント 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 14. ザ・ワールド・セカンド■
 
『超像可動』第13弾は漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第三部.スターダストクルセイダース」より
DIOのスタンド“ザ・ワールド”が再登場。
シリーズ第9弾「超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 9. ザ・ワールド」のリペアイテム。
(可動箇所や各部ギミックなどは、そちらを参照にしてください)

ボディカラーを鮮やかな黄色から、落ち着いた白寄りのカラーリングに変更。
古めかしい岩の様な色合いといった感じでしょうか。
各部のハートマークはメタリックピンクに変更され、良いアクセントになっています。
第9弾同様、今回も配色は原作者・荒木飛呂彦氏の監修入り。
個人的にこのカラーリングのイメージとしては格闘ゲーム版やOVA版に登場したザ・ワールドに近いものが。
お馴染みの黄色の方が印象深いですが、こちらは落ち着いた色合いが不気味に引き立っており、これもかなりアリ。
ちなみに今回、背部の台座支柱接続ポイントがジョイントよりもサイズが小さく、そのまま差し込む事が出来ませんでした。
個体差あるかもしれませんが、自分のは手持ちのピンバイスで広げないと取り付けることも出来ませんでした。
 
 
 
付属品&各ギミック
オプションハンド×3種(握り手、平手、右指差し手)、オプションヘッド
画像にはありませんがお馴染みの台座や、ザ・ワールド用に台座用延長ジョイントも付属しています。
 
 
第9弾と同様、叫び版ヘッドも付属。
目頭の部分に青のラインが追加された位で、スタープラチナの様なアイプリントの変更などはありません。
 

お馴染みの擬音文字プレートも付属。
今回は「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」のセリフが白吹き出しに配置されています。
漫画の吹き出しをイメージしているということで、ルビまでご丁寧に完全再現。 妙に凝っています。
専用の支柱パーツも付属。 勿論通常の支柱パーツなどでも使用可能。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通常版との違いはカラーリングの他に擬音文字プレートの追加位なので、当初は購入する予定はありませんでしたが
店頭で実際にこの色を見て、思わず手にとってしまいました。
黄色を主体としたお馴染みのカラーリングと比べると、今回の色はかなり地味ですが
それが逆に自分のイメージするスタンドの雰囲気に合っていて、なんともピンポイントな部分でのアタリに。
不気味な感じと上品な雰囲気が出ていて、実によく「なじむッ!」色合いです。

といってもこのカラーリングがよほどストライクに入らない限り、通常版の方を所持していれば
そちらの方で十分事足りるので、微妙なポジションのアイテムというのに変わりはありませんが。

ただ新規追加パーツの擬音文字プレートは、セカンド版スタープラチナに付属するものと対になっているので
どちらか持っているなら、やはり両方とも揃えたいというのがファンの心理。
いい様に乗せられていますが、セカンド版カラー自体も気に行っているので結果オーライ?
 
Comments