バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダースカル

■バンダイ S.H.Figuarts 『仮面ライダーW』 仮面ライダースカル■
 
09年12月11日~2010年03月15日の期間、「魂ウェブ商店」にて販売された受注生産品。
『仮面ライダー x 仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』より
“仮面ライダースカル”がS.H.フィギュアーツシリーズで立体化。
他受注生産品同様、パッケージや説明書などもS.H.フィギュアーツのフォーマットで、オール新規で作り起こされています。
 
 
 
鳴海探偵事務所の初代所長“鳴海荘吉”が、「骸骨の記憶」を宿したスカルメモリによって変身する仮面ライダー。
頭部や胸部ボディアーマーなどをスカル用に新規作り起こし。
頭部Cアイはクリアパーツで再現。内部のモールドもしっかりと入っています。
WではCアイが小ぶりな作りで少々違和感がありましたが、スカルでは劇中に近いイメージのCアイになっており
見た目、バランス共に申し分ありません。 帽子との相性も○
 
ボディは「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[サイクロンジョーカー]」がベースとなっています。
可動箇所や各部ギミックなどはサイクロンジョーカーのページを参考にしてください。
W系アイテムのネックになっているお馴染みの黒関節ジョイントですが、今回はなんと違和感無し!! って当たり前ですね。
 
スカルの特徴である帽子やマフラー、ロストドライバーなども本商品新規作り起こしで再現。
帽子やマフラーは取り外す事ができ、その下のディティールを確認する事も可能です。
胸部及び手足のリングは新規パーツになっており、スカル用の模様が再現されています。
個体差かもしれませんが、ロストドライバーパーツの保持が甘く、ちょくちょく外れてしまいます。
気になった部分はその位でしょうか。
 
 

付属品&各ギミック
オプションハンド×5種(握り手、持ち手、平手×3種)、帽子×2種
マフラー×2種、スカルマグナム
 
帽子の下もしっかりと再現されています。 帽子への色移りがちょいと心配。
マフラーパーツは襟元で固定されるので(襟元の溝にパーツを引っかけます)
首の動きに合わせて動いたり、浮いてしまうといった心配はありません。
 
帽子は通常の物と、つばに傷が入っている物の2種類が付属。 勿論両方とも被る事が出来ます。
 
マフラーは通常時の他、靡いた状態の物も付属。 マフラーパーツの交換は頭部を一度取り外す必要があります。
 
 スカルマグナムは本家同様?、「S.H.Figuarts 仮面ライダーW[ルナトリガー]」の
トリガーマグナムをスカルマグナムカラーに変更して再現。
Sのラインをはじめ、銃口部などへの彩色もしっかりと施されています。
スカルの決めポーズ用に、本商品新規作り起こしの新平手パーツも付属。 オプションハンドは相当充実しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何も着けなくてもカッチョイイ。
島本版あたりでスカルマンの立体化希望。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文句無しにカッチョイイ。
帽子の着脱や形状違いのマフラーなど、スカルに様々な表情を付ける事が出来ます。
傷無し/傷有り、それぞれの帽子が付属するというのもポイントです。
オプションハンドも充実しており、スカルに望む付属品としてはこれ以上無いのではないでしょうか。
それでも同価格のライジングイクサなどと比べると、若干の割高感は否めませんが(付属品のボリュームや、塗装箇所など)
そこら辺は仮面ライダースカルというキャラの魅力で十分“行って来い”にできます。 渋すぎるぜ、おやっさん!!

ちなみに、帽子を被せたままの長時間のディスプレイには気を付けたいところ。
実際どうなるかは分かりませんが、見た感じ長時間そのままにしておくと
頭部の塗装が帽子に写ったり、パーツ同士がくっ付いてしまったりしそうなので
クリアを吹くなり、中にビニールなどを噛ませておくなり、ちょっとした予防をしておいた方がよさそうです。
Comments